· 

不動産への資産転換

 不動産への資産転換は、相続税対策として有益な手段の一つです。

  • 特例の活用:

 「小規模宅地等の特例」を利用することで、不動産を評価額の一部が免除される形で相続することができます。

 この特例は、居住用、事業用、貸付用いずれにも適用されます。

  • 節税効果:

 不動産は特に地域や利用目的によって価値が異なります。

 相続時には、適切な評価を受けることで相続税の減免や節税が期待できます。

  • 収益の確保:

 不動産は安定的な収益を生み出す可能性があります。

 特に収益物件として利用すれば、相続後も家族に安定的な収益をもたらすことができます。

  • 市場変動の緩和:

 金融資産は市場の変動に敏感であり、相続税の発生時点で価値が大きく変動することがあります。

 不動産は比較的安定しており、市場変動に緩和的であるため、相続時のリスクを低減できます。

  • 長期的な安定性:

収益不動産は景気変動に対して比較的影響を受けにくく、安定的な賃料収入を期待できます。

 これにより、相続後も持続的な収益を確保できます。

  • バランスの取れた資産ポートフォリオ:

 資産の分散投資を促進する一環として、金融資産に加えて不動産を含めたバランスの取れたポートフォリオを構築できます。

 ただし、この手法を実施する際には、特例や法的な規定に関する理解が重要です。

 また、家族構成や将来の計画に基づいて、具体的なアドバイスを得るためには、税務アドバイザーや法律専門家に相談することが重要です。