· 

公正証書遺言・秘密証書遺言

 公正証書遺言のメリットとデメリット:

  • メリット:

 公証人が作成し、遺言者にアドバイスも提供するため、不備の心配が少ない。

 公証役場が遺言書を保管し、紛失や破棄、改ざんのリスクが低い。

 家庭裁判所での検認が不要。

 遺言書の存在と内容が明確になる。

  • デメリット:

 作成に時間と手間がかかり、手数料も発生する。

 遺言内容が公証人と証人に知られてしまう。

 

 秘密証書遺言のメリットとデメリット:

  • メリット:

 遺言内容を秘密にでき、自筆で書かなくてもよい。

 秘密証書遺言の不備があっても、自筆証書遺言として効力がある。

 遺言書の存在を明確にできる。

  • デメリット:

 家庭裁判所で検認を受けなければならない。

 遺言書の保管は自分で行うため、紛失や改ざん、破棄のリスクがある。

 内容に不備があれば無効になる可能性がある。

 手数料が発生する。

  • 遺言書の見直しの重要性:

 遺言書は一度作成して終わりではなく、資産や家族構成の変化に合わせて定期的に見直すべき。

 遺言書には「付言事項」があり、感謝の気持ちや家族への要望を自由に記述できる。

 遺言書の最新の内容を維持しておくことが、遺族に対するサポートとなる。