· 

小口化商品の相続税対策効果

  • 小口化商品の相続税対策効果:

 不動産小口化商品(任意組合型)も実物不動産同様に相続税評価額の評価減効果があり、資産圧縮のメリットが得られる。

 不動産の相続税評価額は時価ではなく、固定資産税評価額や特例を活用した減額が行われる。

  • 土地の評価方法:

 市街地では「路線価方式」、それ以外の地域では「倍率方式」が用いられ、評価額が計算される。

 特定事業用宅地等の特例がある場合、相続税評価額を減額することができる。

  • 建物の評価と固定資産税評価額:

 建物は固定資産税評価額で評価され、通常は時価よりも低くなる。

 建物を貸している場合は、評価をさらに減額できる。

  • 小口化商品の評価減効果:

 不動産小口化商品は、1口100万円から投資が可能であり、資産性・収益性の高い物件を手軽に購入できる。

 特定事業用宅地等の特例を適用することで、相続税評価額を減額できる。

  • 相続税改正と不動産小口化商品:

 2015年の相続税改正以降、相続税対策が注目され、不動産小口化商品は少額からでも相続税対策が可能な手段として利用されている。

 各商品ごとに相続税評価額は異なるため、具体的な取り組みは税理士と相談が必要。