· 

税制や社会状況に応じた軌道修正

 相続対策は税制や社会状況に応じた軌道修正が必要

 

 昔から主流な相続税の節税対策として、賃貸物件の建築などが挙げられています。

 相続税の支払いは一部の資産家に限定されていた時代、土地が多くの遺産を占めている場合、高額な税金を納めることが一般的でした。

 地主たちは税金の支払いに苦しみ、土地を売却して税金をまかなうケースもありました。

 このような事態を避けるために、節税対策が提唱されました。

 節税対策の多くはビジネス市場に取り込まれており、例えば賃貸物件の建築においてはハウスメーカーが利益を上げることが一般的です。

 ただし、相続税対策は長期的な視点から検討し、税制や社会状況の変化に合わせて修正されるべきです。

 現実には、業者が利益重視の対策を提案し、その後のケアが不足していることが多いです。

 相続税対策の世界では、ポジショントークが通用しやすく、営業戦略が知識やケアよりも優先されているのが実情です。

  • 自分の資産をどう残すかを考える

 相続税対策を提案された場合、まずは自分の資産をどう残していきたいのか、それに対して本当に対策が必要なのかを検討することが重要です。

 目先の利益にとらわれず、自分の資産に合った運営方法を追求することが大切です。相続税の節税を目指すなら、専門的な知識を持つ税理士に相談することも必要です。