· 

遺言信託の特徴と費用について

 遺言信託の特徴と費用について

 

 遺言信託とは:

  •  信託銀行のサービス: 

 遺言信託は、信託銀行に遺言書の相談や作成、保管を依頼し、相続が発生した際には遺言の実現をサポートしてもらうサービスです。

  •  遺言執行者のフォロー: 

 信託銀行が遺言執行者として遺言の実現をフォローし、相続人に不安が残る場合や特殊な状況に適しています。

  • 財産目録の作成: 

 信託銀行は相続人の特殊な状況に応じて財産目録の作成なども行ってくれます

  •  遺言信託の費用:

 1. 基本手数料: 

 遺言作成には基本手数料がかかり、これは一般的に30万円前後とされます。

 2. 遺言執行報酬: 

 遺言執行報酬は遺産の額に応じて発生し、各銀行で異なる料率が適用されます。

 報酬は通常相続税評価額に基づいて計算されますが、信託銀行の預かり資産には軽減が適用されます。

 3. 保管料と変更手数料:

  遺言書の保管料は毎年かかり、遺言内容を変更する際には変更手数料が発生します。

 4. 追加費用: 遺言信託は一度支払えば終わりではなく、毎年の保管料や変更手数料の他に、不動産の名義変更などがある場合には追加の費用がかかります。

 

費用の参考資料:

 基本手数料: 30万円前後

 遺言執行報酬: 相続税評価額に応じた料率が適用され、各銀行で異なる。

 最低報酬額は約100万円。

 保管料: 毎年発生

 変更手数料: 5万円以上

 追加費用: 不動産の名義変更などにより発生

  • 注意点:

1. 銀行以外の選択肢:

  不動産の名義変更など、簡単な手続きは信託銀行以外の専門家に依頼することも検討すべき。2. 総額の確認: 

 不動産の多さや名義変更による費用も考慮し、遺言信託の総額を確認する必要がある。

まとめ:遺言信託のメリット: 特殊な状況や不安がある場合に有効。信託銀行がサポートしてくれる。