· 

養子縁組の節税とそのデメリット

 養子縁組を活用した相続税節税とそのデメリット

  • 養子縁組による相続税節税:

 1. 法定相続人の拡大: 

 養子縁組を通じて法定相続人を増やすことで、相続税の基礎控除額が増え、節税効果が期待できます。

 2. 非課税枠の増加:

  養子縁組により法定相続人が増えると、死亡保険金や死亡退職金の非課税枠もそれぞれの法定相続人に対して増加します。

  • デメリットとリスク:

 1. 相続人の増加によるトラブルリスク:

  法定相続人の数が増えれば増えるほど、相続に関する争いや紛争が発生しやすくなります。

 特に家族内でのトラブルが起きる可能性が高まります。

 2. 婿養子の離婚リスク: 

 婿養子の場合、養子縁組の解消が離婚によって難しくなります。

 娘の元夫が法定相続人として名義を維持し、相続時に問題を引き起こす可能性があります。

 3. 遺留分の問題: 

 養子縁組を通じて相続税を節税する場合でも、遺留分の権利が存在し、これを主張される可能性があります。

 これにより、争いの原因となることがあります。

 4. 後々の人間関係への影響:

  養子縁組は節税対策として行うべきではないとされ、家族内での信頼関係や円満な人間関係に深い影響を与える可能性があります。

  • 注意点:

 1. 遺留分の相続放棄: 

 節税効果を追求する場合、事前に遺留分の相続放棄などの手続きを行うことが必要です。

 2. 計画的な相続計画: 

 養子縁組を含む相続計画は慎重に行い、将来的なトラブルを避けるために計画を立てることが重要です。

 3. 個別の状況に応じたアプローチ:

  養子縁組の利用は個別の状況によります。税理士や法律の専門家と協力し、総合的なアプローチを検討することが望ましいです。

 

 総じて、養子縁組は節税効果を狙う一手段であると同時に、後々のトラブルの原因となりやすいため、慎重な検討と計画が必要です。