· 

競争優位性を築く鍵

 不動産経営において、他社では受けられないサービスを提供することが、競争優位性を築く鍵となります。

 以下は、他社に差をつけるサービス提供の重要性と具体的な事例についての要点です:

  • 建物の差別化の難しさ:

 現代では建物の質やデザインが平準化されつつあり、他社との差別化が難しい状況があります。

 どんなに工夫しても容易に真似される可能性があります。

  • 立地だけでは不十分:

 立地の特徴も差別化の要素ですが、それだけでは競合に打ち勝つことが難しい場合があります。

 特に、他社と同じような立地条件の場合、他にない付加価値が求められます。

  • 他社にないサービスの提供:

 真似しにくく、一瞬で拡散されないサービスを提供することが重要です。

 他社が真似しにくい、あるいは真似されてもすぐに提供できない独自の付加価値が求められます。

  • サービス提供のノウハウ:

 サービス提供にはノウハウが必要であり、他社が容易に真似できない要素があります。

 目に見えないサービスは、簡単にはコピーされにくい特長があります。

  • 事例: ウィークリーマンションへの転用:

 土地や建物の特徴に合わせて、通常の賃貸住宅からウィークリーマンションやマンスリーマンションへの転用があります。

 短期間での利用に適した部屋を提供し、家具・家電の備品が整っているため、異なる顧客層を引き寄せることができます。

  • 転用に求められる条件:

 ウィークリーマンションへの転用には、建物の要件や立地条件が求められます。

 専有面積や駅からの距離、利用者の傾向などが考慮され、これに適した物件であれば、他社がなかなか真似できないサービス提供が可能です。

 他社との差別化は常に課題となりますが、建物の工夫だけでなく、他にないサービスを提供することで、競争に勝ち抜く可能性が高まります。