· 

物件のリフォームについて

 築年数が経過した物件のリフォームについて

 

 築年数が経った物件にはリフォームが必要であり、物件の状態によって適切なリフォームの程度が異なります。

 以下に、築年数に応じたリフォームのステップを3つ紹介します。

 ただし、これらはあくまで参考であり、物件の具体的な状態や需要によって変わることを考慮してください。

 

A:原状回復/クリーニング・壁紙の貼り替え

 入居者が退去した後に行う原状回復のリフォーム。

 クロス(壁紙)の交換とクリーニングが主な作業。

 予算は20万円程度。

 

B:設備の交換/風呂・トイレ・キッチンなど、水回りの入れ替え

 経年劣化に応じて水回りの設備を新しいものに交換するリフォーム。

 風呂・トイレ・キッチン・洗面化粧台・換気扇などの交換が含まれる。

 予算は100万円程度。

 

C:リノベーション/フローリングの貼り替え・間取り変更

 Aの原状回復、Bの設備交換に加えて、フローリングの貼り替えや古びた間取りの変更を行う大規模なリノベーション。

 部屋の面影が大きく変わり、予算は150万〜200万円程度。

 ワンルームの場合、Bまでのリフォームが十分であり、ファミリータイプの物件はCのリフォームで売値が上がる可能性があります。

 築年数が古い物件で、好立地であれば適切なリフォームによって高い賃料が設定でき、高額売却に繋がります。