· 

相続・贈与対策

「相続・贈与対策」について。

 

 相続・贈与対策

相続・贈与対策は、資産の移転に関する節税の手段です。

 

(1) 相続税の軽減

 相続税は、相続人が相続した財産に対して課税されます。

 しかし、遺産を相続前に贈与することで、相続税の軽減が可能です。

 贈与には贈与税がかかりますが、相続時の相続税額よりも軽減されることがあります。

 

(2) 遺産分割の円滑化

 相続時には、遺産分割が必要ですが、これを円滑に進めるためにも贈与は有益です。

 事前に贈与を通じて資産を均等に分け与えることで、後々の遺産分割の際に紛争を避けることができます。

 

(3) 贈与枠の活用

 相続税や贈与税には、贈与の際に特定の金額までなら税金がかからない「贈与枠」が存在します。

 これを活用することで、贈与を通じて資産の移転を進める際の税金負担を軽減できます。

 

(4) 相続人の所得分散

 相続した資産を相続人間で分散させることで、個々の所得が分散され、税金の負担が軽減される可能性があります。

 これにより、相続人がより効果的に資産を管理できます。

 相続・贈与対策は、将来の財産移転を見越して計画的に行うことが重要です。

 税制改正や法律の変更にも注意しながら、専門家のアドバイスを受けることが賢明です。

 

(5) 経費の幅が増える

 法人は事業経費として多岐にわたる経費を計上できるため、節税効果があります。

 例えば、高級外車やビジネス関連の旅行、接待費なども経費として計上可能です。

 これにより、法人が活動する上での様々な経費を、税金の控除対象とすることができます。

 

(6) 会社の所有財産には相続税がかからない

 法人は法的に独立しており、会社が所有する財産は法人のものとして独立しています。

 そのため、法人の所有財産は相続税の対象外であり、相続時における税金負担を軽減することができます。

 これは、家族や後継者への財産の継承において大きなメリットとなります。

 

 総じて、法人設立による節税メリットは多岐にわたりますが、注意が必要なのは法人の運営が法律に適合し、適正かつ公正なものであることです。

 法人設立には専門的なアドバイスが不可欠であり、税務や法務の専門家に相談することが重要です。