· 

区分マンションの売却ルート

 区分マンションの売却ルートには大きく3つの方法があります。

  • 売買仲介会社:

 特化した業者が望ましい:

 区分ワンルームマンションに特化した仲介会社を選ぶことが重要です。

 アパートに特化している会社は、区分マンションの「出口」を知らないことがあります。

 ファイナンスアレンジ能力が必要:区分マンションは融資を受けられる金融機関が限られているため、ファイナンスアレンジが可能な業者が適しています。

  • 買取会社:

 商品として仕入れる形態:買取会社は物件を商品として仕入れ、利益を上乗せして再販する仕組みです。

 市況により高く買ってくれる場合も:現状では市況により、買取会社がエンド投資家よりも高く買ってくれるケースも多いです。

  • 個人間取引:

 おうちダイレクトなどのサービス活用:

 インターネット上で個人が物件募集から値付けまでを行えるサービスが存在します。例として「おうちダイレクト」が挙げられます。

 

 物件デューデリジェンスの難しさ:

 売買では物件のデューデリジェンスが必要であり、これは個人が簡単に行えるものではありません。リスクが大きいため注意が必要です。

 

 これらの選択肢の中で、売却の際には各ルートのメリットとデメリットを比較し、自身のニーズや状況に合った方法を選ぶことが重要です。

 特に個人が直接取引する場合は、物件のデューデリジェンスが難しく、慎重な検討が求められます。