· 

相続税対策でのさまざまのアプローチ

 相続税対策にはさまざまなアプローチがありますが、生前贈与はその一つです。

  • 生前贈与:

 生前贈与は、自分が生きているうちに財産を贈与する方法です。

 相続時の財産評価が低い時点で贈与することで、相続税を軽減できます。

 贈与税がかかる場合もありますが、贈与税の軽減措置を利用することで、節税効果が期待できます。

  • 養子縁組:

 養子縁組を通じて養子縁組をすることで、養子縁組先の財産は養親のものとして相続され、相続税の非課税控除が受けられることがあります。

  • 土地の活用:

 土地の有効な活用や事業の展開によって、資産価値を最大限に引き出し、相続時の評価額を軽減することができます。

  • 生命保険:

生命保険の契約により、死亡時に保険金が支払われ、相続財産に充てることで相続税の軽減が可能です。

  • 寄付:

寄付を通じて、生前に一定の財産を寄付することで、寄付税の非課税控除を受けることができます。

  • 遺言:

遺言を作成することで、相続時の財産分割を希望通りに行い、相続税の軽減や特例を活用することができます。

 

 生前贈与は、相続税対策の中でも比較的柔軟で個別の状況に合わせて計画ができる手段です。

 ただし、贈与税の軽減制度や法的な手続きについては、税務専門家や法律専門家のアドバイスを受けることが重要です。