· 

賃貸物件のリスク・問題点

 賃貸物件のリスク・問題点:

  • 建物の年式と老朽化:

 昭和60年以前に建てられた鉄筋3階建て以上のマンション・アパートは古さと老朽化が進んでいる可能性が高い。

 修繕費がかなり嵩む傾向があり、これが家賃の下落を招く原因となる。

  • 不便な立地条件:

 都心部から1時間以上かかる立地条件は入居者にとって不便であるため、入居率が低くなりがち。

 最寄り駅までの距離が12分以上かかることも入居者にとってネガティブな要因。

  • 家賃の下落と高い空室率:

 家賃の下落が5年ほど続き、空室率が20%を超えている。

 これは市場の需要とのミスマッチを示唆している。

 長期的には家賃の下落が収益を減少させ、経営の持続性に影響を与える。

  • 管理の不備と耐震補強の未実施:

 高齢化した所有者の管理不備や不動産管理会社との意思疎通の不足が入居者に不安を与える可能性。

 耐震補強が行われていない場合、耐震性不足が災害時のリスクとなり、入居者の選好を左右する。

  • オーナーの意識の不足:

 サービス心や愛情が薄いと感じられる場合、入居者の満足度が低くなり、長期的な入居者維持が難しくなる。

  • 未来への計画の不在:

 売却や将来の修繕計画が不透明であり、資産価値の向上や将来の経営計画が立てられていない。

  • 相続時の未解決事項:

 物件の相続者や相続時の手続きが未定であり、これが資産の将来的な扱いに影響を与える可能性がある。

 

オーナーの課題:

  • アドバイス不足:

資産に関する相談に乗ってくれる専門家が不足している。

オーナーが物件経営において的確なアドバイスを得られない可能性がある。

  • 売却の選択肢の欠如:

 オーナーが物件を売却するという選択肢を持っていない。これが将来的な経営戦略の選択肢の制限となる。

  • 時価の把握不足:

 現在の物件の時価を把握せず、路線価評価との逆転が発生する可能性があり、これが税金の問題となる。

  • 未来への計画の不足:

 修繕計画や将来の経営計画が欠如しており、これが経営の持続可能性に影響を与える。

  • 相続時の未解決事項:

 物件の相続者や相続時の手続きが未定であり、これが資産の将来的な扱いに影響を与える可能性がある。

 これらのリスクや問題に対処するためには、オーナーは物件経営に対する適切な計画を策定し、専門家のアドバイスを得ながら、将来を見据えた経営戦略を考える必要があります。