· 

介護保険を前提とする施設

 有料老人ホーム以外にも介護保険を前提とする施設がいくつかあります。

 以下にその主な種類を挙げます。

  •  介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム):

 介護保険施設の一つで、要介護度3以上の方が入居対象。

 65歳以上の自宅での介護が難しい人が対象。

 常駐医師はほとんどなく、生活上の世話を24時間提供。

 入居待ちの方が多く、人気が高いが施設不足のため入居が難しい場合がある。

  • 介護老人保健施設:

 老健と呼ばれ、退院後すぐに自宅に戻れない方が対象。

 リハビリを行い、自宅への帰宅を目指す。

 常駐医師がおり、必要に応じて診察や治療も受けられる。

 通常は3ヶ月間の滞在が原則とされる。

  • 介護療養型老人保健施設:

 長期にわたって療養が必要な方が対象。

 病院や診療所に併設、あるいは隣接している。

 長期の滞在が可能で、病状が安定するまでの期間を提供。

 

 これらの介護保険施設は、要介護度合いや退院後の状態に応じて選択されます。

 特に特別養護老人ホームは入居待ちが多く、需要が供給を上回る状況が続いています。

 利用者自身や家族は、自身の状態や希望、施設の特徴を考慮して最適な施設を見つける必要があります。