· 

相続分野における専門家と課題

 相続分野における専門家と課題:

  • 相続における主要な専門家:

 相続においては、一般的には弁護士と税理士が主要な専門家とされている。

 しかし、相続分野は非常に多岐にわたり、弁護士や税理士だけでは不足することがある。

  • 相続分野の多岐性:

 相続分野には相続税法や財産評価基本通達など多くの法的規定や文化的要素が絡む。

 民法の規定においても、家督相続から均分相続への変化などが日本文化に影響を与えている。

  • 相続税法と時価の矛盾:

 相続税法においては路線価評価が一般的だが、揉め事が起きると時価の概念が重要となり、不動産鑑定士の役割が求められる。

  • 土地所有者の資金状況:

 地主が多くの土地を所有していても、現金を持っていないことがあり、相続税の支払いに困難が生じることがある。

  • 相続手続きに関与する専門家:

 相続手続きには多くの専門家が必要であり、例えば税理士、コンサルタント、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、宅地建物取引士などが関与する。

  • 分割協議と争続のリスク:

 兄弟間での分割協議が難しい場合があり、兄弟間での調整がつかないと争続に発展する可能性がある。

 争続の場合、弁護士が介入し、調停や審判のケースが生じることがある。

  • 相続の総合的プロフェッショナルの不在:

 相続において、すべての専門領域をカバーできる総合的なプロフェッショナルは存在しない。

 それぞれの専門家が必要な業務を担当する中で、プロデューサー的な役割が相続において重要である。

 相続分野が非常に複雑で多岐にわたり、異なる専門家が連携して対応する必要があります。