· 

老人ホームの主な種類

 老人ホームにはいくつかの異なる種類があります。

 主な種類とその特徴は以下の通りです。

  • 介護付き有料老人ホーム:

 介護度合いに合わせて介護サービスが提供される。

 ケアマネジャーがケアプランを作成し、施設内でサービスを提供。

 介護保険のサービスを受けられる。

 高い介護ニーズの方が利用する施設。

  • 住宅型有料老人ホーム:

 見守り、食事提供、掃除・選択、レクリエーションなどのサービスが提供される。

 外部の介護サービス業者を利用することもある。

 介護度が軽い方から中程度の方向け。

  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住):

 自立した方や要介護度が比較的軽い方向けの住宅。

 入居者が外部の介護サービス業者を個別に契約。

 賃貸住宅の形態であり、入居一時金が高くないのが特徴。

 自分で生活できる方向け。

  • シニア向け分譲マンション:

 バリアフリーの分譲住宅。

 高齢者向けのサービスや設備が提供される。

 所有権があり、住宅ローンで購入可能。

 売却や相続、賃貸に出すことも可能。

  • ケアハウス:

 社会福祉法人や地方自治体が運営する福祉施設。

 費用が有料老人ホームよりも安く、助成がある場合がある。

 

一般型と介護型の2つに分類。

 一般型:

  職員による見守りが中心で、食事はオプション。介護は個別契約。

 介護型: 

 24時間体制の介護サービスが付随し、費用が有料老人ホームよりも安い。

 

 老人ホームの選択時には、自身の状況や希望、不安や不満などをはっきりさせることが重要です。

 介護度合いや予算、将来の展望に基づいて、最適な施設を見つけることが求められます。