· 

認知症に特化したグループホーム

 認知症に特化したグループホームについて:

  • 概要:

 グループホームは、正式には認知症対応型共同生活介護と呼ばれる施設で、認知症の方が介護職員の支援を受けながら共同で生活する場所です。

 一般的に、5〜9名の入居者で1ユニット(生活単位)を形成し、少人数でアットホームな雰囲気の中で生活します。

 グループホームは、大型施設や古い民家を活用した施設など、様々な形態があり、全国で1万2千カ所以上存在します。

  • 入居者の特徴:

 認知症と診断された方が対象で、介護職員のサポートを受けながら共同生活を送ります。

 入居者同士がお互いに助け合いながら、日常の生活を共有します。

 これにより、役割分担が生まれ、認知症による混乱や不安を抑えることが期待されています。

  • 生活形態:

 居室は基本的に個室で、共同の台所、食堂、浴室などを利用します。

 料理や掃除、生活動作などの家事は、入居者と職員が協力して行います。

 介護職員が24時間365日、入居者を見守りながら支援を提供します。

  • 入居条件と待機状況:

 入居条件として、他の入居者と共同生活が送れることが挙げられます。

 暴力行為や暴言を繰り返す方は入居が難しい場合があります。

 比較的心身の状態が安定している方が入居しやすく、待機状況が良いため、複数の施設に 同時に申し込むことが勧められます。

  • グループホームの特徴:

 入居条件:

 要支援2と要介護と判定された方が入居可能。

 申し込み先:

 住民票のある自治体の施設に申し込むことができます。

 看取り対応:

 看取りに対応している施設は比較的少ない。