· 

医療法人が母体の介護施設

 病院・医療法人が母体の介護施設のメリット:

  • 医療面での強力なサポート:

 病院との連携が強力で、主治医が往診医として施設を訪問し、日々の健康管理を行う。

 必要時の優先入院が可能で、医療的なニーズに素早く対応できる。

  • 専門家指導のリハビリ:

 専門家である理学療法士や作業療法士が多く在籍し、リハビリテーションサービスが充実。

 医療法人内のリハビリスタッフが提供するサービスは高い水準を保っている。

  • 医療を見越したケアプラン:

 医療が必要になった場合、連携がスムーズで、ケアプランにリハビリや医療が組み込まれやすい。

 ケアプランは個々の入居者に合わせ、医療的な要件に適切に対応できる。

  • 職員の医療知識とスキル:

 職員は医療系の専門職とのコミュニケーションが豊富で、医療知識を持っている。

 研修が行われ、医療系の知識が豊富なスタッフが在籍する。

  • 人事異動と連携の容易性:

 介護系と医療系の人事異動が発生しやすく、連携が円滑に進む。

 医師との直接的なコミュニケーションがあり、介護の実態も理解しているスタッフが多い。

  • リハビリに強い:

 医療法人が経営するため、リハビリテーションに特化したサービスが提供される。

 入居者の健康状態や機能の向上に焦点を当てたアプローチが可能。

  • 入院に強い:

 医療法人との提携から、必要な際には病院への優先入院が可能。

 医療的なニーズが高まった場合にもスムーズに対応できる。

 

 これらの要素は、病院や医療法人が介護施設を運営する際の強みであり、入居者の医療的な要件に対して高品質かつ包括的なケアを提供することが期待されます。