· 

入居前の施設見学について

入居前の施設見学について:

  • 見学のポイント:

 入居希望施設を候補に絞ったら、施設の見学を実施。

 1人でなく複数の家族や関係者で見学すると客観的な評価が得られる。

  • 見学の心構え:

 雑誌やランキングを参考にせず、実際の見学が大切。

 お昼時に見学すると、入居者の雰囲気や介護度合いがわかりやすい。

  • 施設周辺の確認:

 施設だけでなく周辺の様子も確認。外出できる場合、近くのコンビニやスーパーがあるかをチェック。

  • 事前にアポイント:

 見学の際は事前に電話して施設長とアポイントを取ることが推奨。

 施設長との対話で理念や施設の特徴を確認。

  • 体験入居の提案:

 見学後、施設に1日体験入居や1泊2日の宿泊を提案して、本人や家族が実際の生活環境を体験できるようにする。

 施設の対応や雰囲気を実感しやすくなる。

 

 見学後のプロセス:

  • 急な決断は避ける:

 見学後に急な決断を避け、希望施設に対して「1日体験入居」や「1週間住んでみたい」といった希望を伝える。

 施設の雰囲気やサービスを十分に確かめるため。

  • 自分に合ったタイミングで決断:

 施設を選ぶ過程は慎重に進め、急な契約を避ける。

 入居が長期的なものであるため、自分に合ったタイミングで決断することが重要。

  • パーフェクトな施設はない:

 完璧な施設はないため、妥協点を見つけながら選定する。

 施設選びの手間をかけすぎないように注意。

  • 他の入居者の介護度を考慮:
  • 同じ状況の入居者の数が重要:

 同じ状況の入居者が多いほど、本人や家族は違和感なく溶け込むことができる。

 入居先の雰囲気に適応しやすくなる。

  • 共同生活での交流:

 共同生活は入居者同士の交流が大切。同じ介護度の方が多い施設は、良好な人間関係の形成が期待できる。

  • 介護度合いの割合:

 介護度合いの割合は重要事項説明書で確認できるが、更新の有無に注意。

 入居者の状態に合った施設を選ぶためにも確認が必要。

  • 施設見学時の持ち物:

 パンフレットや重要事項説明書

 周辺の地図

 デジタルカメラまたはスマートフォン

 ラインマーカーやボールペン

 アポイントメントを取った場合は確認のための書類

 

 まとめ:

 入居先の施設見学は慎重に行い、見学のポイントや心構えを押さえながら行動することが大切です。

 急な決断を避け、実際の生活環境を体験する機会を作ることで、最適な施設の選定が可能となります。

 他の入居者との交流や介護度合いの確認も大切にし、妥協点を見つけながら選定することがポイントです。