· 

退去する可能性がある場合の理由

 退去する可能性がある場合の理由:

  • 健康状態の変化:

 入居者の健康が急激に悪化し、医療処置が必要になった場合、施設が対応できないことがあります。長期入院が必要な場合も退去となることがあります。

  • 認知症の進行:

 認知症の進行により他の入居者とのトラブルが発生し、施設内での共同生活が難しくなると、退去が検討されることがあります。

 特に攻撃的な行動や他の入居者に対する不安定な行動が原因となります。

  • 経済的要因:

 入居者が毎月の費用を支払えなくなった場合、退去が考慮されることがあります。

 ただし、保障人が存在する場合は、まずは保障人に対して支払い督促が行われます。

  • 重要事項説明書の確認:

 重要事項説明書には、直近1年間に退去した者の人数と理由が記載されています。

 入居前にこの説明書を確認することで、施設の安定性や入居者の動向を知る手がかりとなります。

  • 特定入居者介護サービス費:

 介護保険施設に入居する費用を減額する仕組み。

 月々の支払いが難しい場合、特定入居者介護サービス費の申請が可能。

 所得に応じて金額が異なり、介護保険制度に基づく支援の一環。

 

 まとめ:

 入居者の状態変化や施設への適応の難しさ、経済的な問題などが原因で退去することがあります。

 施設選びの際には、その施設の安定性や過去の退去事例について重要事項説明書を確認することが重要です。

 また、経済的な困難が生じた場合には、介護保険制度に基づく特定入居者介護サービス費の利用を検討することができます。