· 

全期前納制度の活用

全期前納制度の活用:

 

 概要:

 全期前納は、契約時に一括で保険料を支払い、2年目以降の保険料が毎年1年分ずつ契約に充当される制度。

 未経過保険料(預かり金)は解約時に100%返還される。

 利点:

 いつがんになるか分からないため、全期前納を選択することで、どのタイミングでも支払った以上の金額を受け取れる。

 資産運用・保全の観点から、20年を超えると解約返戻金が100%を超え、効果が期待できる。

 

具体的な事例:

 がん保険で全期前納を利用した場合のイメージ(男性):

 一生涯分の保険料4260万円を一括支払い。がん診断給付金は5000万円。

 いつがんになっても、支払った以上の金額を受け取れる。

2 0年を超えると解約返戻金が100%を超え、資産運用・保全の効果も期待できる。

 比較:

 年ごとに200万円の平準払いとの比較:

 平準払いは21年目で全期前納を下回り、22年目以降は上回る。

21年目と22年目を境に、平準払いと全期前納の損益分岐点が存在。

 

 女性のケース:

 女性の場合、保険料が男性よりも安く、3957万円の総保険料に対して5000万円が受け取れる設計。

 がんになる確率が高い時代であり、財産移転を考えた加入が重要。

 

 総括:

 いつがんになるか分からない不確実性に対処するため、全期前納制度は柔軟で効果的な選択となり得る。

 資産運用や長期の視点から検討し、自身の健康状態やライフプランに合わせて選択肢を検討することが重要。