· 

アパート建築ブームの主な原因

 アパート建築ブームの主な原因は、地方の地主が相続税対策として簡単に土地に借金をし、アパートを建てることにある。

 地主たちは相続税評価額を下げることだけを重視し、土地の賃貸適性などを考慮せずにアパートを建築している。

 相続税対策は評価額の下げるだけでなく、最終的には運用や現金化が可能な物件を子供に残すことが重要。

 現状の地方アパート市場では、銀行や信用金庫の融資が難しく、供給過剰や人口減少による入居者 不足が懸念されている。

 相続税対策でアパート経営を行ったとしても、将来的な収益性の確保や資産価値の維持が難しくなると予測されている。

 日銀の方針は、相続税評価額を下げた後に「収益を得ること」や「物件の売却をすること」で資産を復元する方法を選択する必要があるというところである。