· 

アパート経営の節税効果と課題

 アパート経営の節税効果と課題

 

 建築当初は節税効果が高いが、超低金利下では15~20年で債務超過が解消される可能性。

 アパート経営は即時相続が発生しないとメリットが最大化されない。

 借金をした場合、資産が相続に結びつき生前贈与のメリットが利用できなくなる。

  • ワンルームマンションの相続税対策メリット

 マンションの相続税評価額を売買価格の20~30%前後に抑えることが可能。

 マンションは借り入れなくても相続税評価額を大幅に下げることができる。

 高い容積率が設定された商業地域が有利で、土地の持ち分が少なければ相続税評価額が下がる。

  • ワンルームマンションの選択肢のメリット

 マンションは容積率の高い商業地域が有利。

 商業地域は都市内や主要道路沿いに位置し、賃貸需要が高まりやすい。

 利便性が高いため、相続税評価額の下げやすさと収益性の両方が享受される。

 アパート経営が即時相続が発生しないとメリットが最大化されない一方で、ワンルームマンションは即時に相続税評価額を下げることができ、借り入れなくても相続税対策のメリットがあります。

 商業地域での物件所有がワンルームマンションの有利な要因であり、相続税評価額の下げやすさと収益性の向上が期待できます。