· 

難易度が高いアパート経営

 難易度が高いアパート経営に初心者が参入すべきでない理由

 

 相続税改正の影響により、相続税対策が注目されているが、その中でアパート経営は難易度が高い。

 相続税対策を目的として不動産投資を始める初心者が多く、アパート経営に挑戦して後悔するケースが増加している。

  • 確実な相続を目指すならば、都心の築浅中古ワンルームマンション経営が適している理由

 子世代に確実に資産を相続させることが投資の目的。

 不動産投資初心者がアパート経営に参入することで後悔するリスクが高まっている。

 相続税対策の理想形は、資産価値2億円の財産を子どもたちに2億円のままで残すこと。

  • 相続税対策のためのポイント

 相続税評価額を下げること:

  物件選定時に相続税評価額を抑える工夫が必要。

 収益性を確保すること:

  安定した収益が期待できる物件を選択。

 流動性が高いこと:

  現金化が容易であることが重要。

  • 都心の築浅中古ワンルームマンション経営のメリット

 管理の手間暇がかからない:

  アパート経営に比べて管理が容易。

 収益の安定性が高い:

  都心の需要が安定しており、収益の変動が少ない。

 流動性が高い:

  売却がしやすく、現金化が容易。

 

 これらのポイントを考慮し、相続税対策を成功させるためには、初心者が難易度の高いアパート経営に飛び込むのではなく、確実性の高い都心の築浅中古ワンルームマンション経営を検討することが重要である。