· 

ワンルームマンション規制

 「ワンルームマンション規制」による資産価値の維持と、アパートの供給過剰による収益性への影響についてです。

 

「ワンルームマンション規制」による資産価値の維持:

 ワンルームマンションは、入居需要が高く、「ワンルームマンション規制」により供給が抑えられています。

 この規制があることで、需要と供給のバランスが取れ、ワンルームマンションの年間平均空室率が2%以下に保たれています。

 ワンルームマンションが資産価値を維持する上で理想的なバランスを保っています。

  • アパートの供給過剰の要因:

 相続税の改正により、相続税対策としてアパート経営を選択する人が増加し、それに伴いアパートの建築が増えたことが供給過剰の要因とされています。

 平成29年1月時点で、新設住宅貸家の着工戸数が40万戸を超え、そのうち4割が貸家であると発表されています。

 全国的にアパート建設が広がっており、地方圏の伸び率が大都市圏を上回っていることが述べられています。

 

 地域ごとの供給過剰の差異:

 特に長野、鳥取、島根、富山、徳島、福島、青森の7県ではアパート建設の伸び率が3割を超え、供給過剰が著しい状況が記録されています。

 これらの情報から、アパートとワンルームマンションの需要と供給のバランスが、資産価値や収益性に大きな影響を与えていることが示唆されています。