· 

不動産の流動性

 相続税対策の過程や不動産の流動性に関する情報です。

  • 相続税対策の流れ:

 相続税対策のミッションは、相続税評価額を下げつつ、収益を確保しながら物件の売却を成功させ、相続前の資産以上の金額を子どもに残すことです。

  • 流動性の高い不動産の選定:

 不動産は流動性が低いため、相続税対策成功の鍵は流動性の高い物件を選ぶことにあります。

 流動性が高い不動産とは、「多くの人が買いやすく」「多くの人が求めている物件」の2つのポイントを満たすものです。

  • 首都圏の中古ワンルームマンション市場の活況:

 首都圏の中古ワンルームマンション市場が活発である理由は、相続税対策の需要が高まっていることと、老後破産を避けるためにサラリーマンが資産運用として中古ワンルームマンションに投資しているからです。

 ワンルームマンションの経営がサラリーマンにも手軽に可能になり、融資条件の緩和と共に資産運用としての需要が拡大しています。

  • 老後破産対策としての中古ワンルームマンションの人気:

 サラリーマンが中古ワンルームマンションから入る家賃収入で老後の対策をする動きが広がっている。

 現役時代からワンルームマンションによる資産運用を行い、老後の対策として家賃収入を確保することが重要視されている。

 これらのポイントから、相続税対策として不動産を活用する際、流動性の高い物件の選定が重要であり、特に首都圏の中古ワンルームマンション市場が注目されていることが伺えます。