· 

不動産評価方法

 不動産評価方法に関する情報です。

  • 原価積み上げ法:

 用途:

  新築物件(アパートなど)の評価に主に使用される。

 基準:

  土地、建築資材、建築時の人件費、販売会社の利益などが積み上げられて価格が決定される。

 デメリット:

  建材や土地・人件費の高騰により、コストが割高になる可能性があり、収益が価格決定の根拠にならない場合もある。

  • 取引事例比較法:

 用途:

  中古物件の評価に主に使用される。

 基準:

  近隣の物件価格と比較して価格が決定される。

 デメリット:

  過去の事例を基にするため、物件価格が上昇している局面では融資が難しくなり、多額の頭金が必要になる場合がある。

  • 収益還元法(キャップレート法):

 用途:

  収益物件の評価に使用される。

 基準:

  年間賃料収入を還元利回りで割った値が取引価格となる。

 重要ポイント:

  還元利回りはエリアや物件ごとに異なり、家賃収入が下がれば価格も下がる傾向がある。

 影響要因:

  エリアや物件の構造によってキャップレートが決まり、例えば都心の利回りは低め、地方の利回りは高めに設定される。

 この情報は、不動産の価格評価において各手法の特徴とデメリットを理解するのに役立つでしょう。