土地が再開発される際の様子

 住宅地の古い一戸建てが取り壊され、その土地が再開発される際の様子や背後にあるビジネスモデルについてです。

 

土地再開発の背景:

 古い一戸建てが取り壊されると、その土地が再開発の対象となります。

 特に首都圏など地価が高いエリアでは、個人が購入するのが難しく、ハウスメーカーや建築工務店が資金力を活かして土地を取得し、自社の建物を供給することが一般的です。

 

建売事業とパワービルダー:

 ハウスメーカーや建築工務店は、取得した土地に建築物を供給することで、商品の企画や販売が効率的に行えます。

 中堅ハウスメーカーが、一次取得者向けに建売戸建を提供する場合を「パワービルダー」と呼び、これが昨今の不動産市場で好調な業績を上げているとされています。

 

建売住宅の特徴:

 狭小住宅や狭小3階建てなど、敷地や建物のコンパクトな設計が一般的です。

 価格は比較的手頃で、管理費や修繕積立金がかからないメリットがありますが、20年後に建物評価がゼロになるといった課題も指摘されています。

 

総合デベロッパーの参入:

 大手総合デベロッパーも、街区づくりの一環として建売分譲を行うことがあります。

 価格帯は高く、プラウドシーズンなどがその代表例とされています。

 

コーポラティブ型土地購入:

 コーポラティブハウスとは、「共同組合を設立して建設するマンション」を指し、個人が希望するマンションを共同で企画・建設する形態です。

 一方で、「コーポラティブ型土地購入」では土地を共同で購入し、それぞれのプレ買主が希望する条件で土地を分割して取得するスキームが提案されています。

 

コーポラティブ型土地購入の課題:

 合意形成には時間がかかり、プロジェクト数が限られるといった課題があります。

 しかし、土地の区画割りや価格決定において、事前登録者と事業者の連携が重要であり、ハウスメーカーがコミュニティ活動を通じて参加者にアプローチすることが必要です。