· 

所有権に関する共有状態やその解消方法

 不動産の所有権に関する共有状態やその解消方法、信託契約による管理方法についてです。

 

所有権の共有状態解消の方法:

 共有状態になってしまった場合、問題を解決する方法として、共有者が所有権の持分を購入することが提案されます。

 購入資金が調達できるかどうかが問題であり、現金や預金が足りない場合は金融機関からの借入れが考えられます。

 

共有者への負担分の支払い:

 相続時に一人が所有権を得る代わりに、他の共有者に現金や預金を支払う方法も提案されます。

 ただし、不動産が多く、現金が不足している場合が考慮されます。

 

信託契約を活用した管理方法:

 家族信託を用いて、不動産の所有権を共有している全員が委託者になり、信託契約を締結する提案があります。

 受託者が賃貸不動産に関する経営を一本化し、受益者として共有者全員が賃料を受け取ることができます。

 

信託契約のルール:

 受託者と受益者が一緒になることを回避するために、「1年ルール」が導入され、一定期間内に受託者と受益者を別々にする必要があります。

「30年ルール」30年経過後の新たな受益者の取得が一度しか認められません。

 

信託契約の権限:

 受託者に不動産を処分する権限を与えるべきかどうかについては、検討が必要とされます。

 戦略的に権限を与えるべきかどうかは、個別の事情によるとされます。

 

家族信託の目的:

 次世代に「不動産」ではなく、「資産」を残す視点が大切です。

 不動産の管理や処分についての戦略的なアプローチが必要です。

 最後に、信託契約には様々なルールがあり、専門家の協力が必要であります。

 提案されたアイデアや戦略は、具体的な状況や法的規定に基づいて検討される必要があります。