· 

認知症になった場合の生前対策

 認知症になった場合の生前対策についてです。

 

遺言書の作成

 事前のトラブル回避:

 高齢者は遺言書を元気なうちに作成するべき。

 遺言書があれば、相続におけるトラブルを事前に防げる。

 

考えの変更可能:

 遺言書は何度でも書き換えが可能。

 前の遺言は書き換え時に撤回される。

 考えが変われば、遺言書の更新が望ましい。

 

認知症の高齢者数の増加

認知症の高齢者数:

 65歳以上の認知症高齢者の数が増加傾向にあり、認知症は多くの高齢者がかかる病気。

 

老い支度としての話し合い

老い支度:

 遺産についての話し合いを老い支度の一環として行うことが重要。

 遺言書の作成に先立ち、家族とのコミュニケーションが大切。

 

成年後見制度の限界

成年後見制度:

 家庭裁判所による後見人の任命で財産管理を目的とするが、生前対策には限界がある。

 有効な対策が難しくなる。

 

相続税の問題:

 不動産有効活用や生前贈与などの有効な対策が制限され、多額の相続税負担を招く可能性。

 

遺産分割の方針の明確化

遺産分割の指針:

 親が高齢になる前に、遺産分割の指針を明確にしておくことが重要。

 子供たちが理解しやすくなり、紛争を減少させる効果が期待される。

 

意思表示の重要性:

 財産の具体的な指定や考えを遺言書に残すだけでなく、口頭での意思表示も大切。

 親の遺志が明確であれば、子供たちはそれを尊重しやすくなる。