· 

利回りと収支の予測に関するポイント

 利回りと収支の予測に関するポイント

 

家賃予測:

 近隣の不動産業者と連携し、賃貸需要や家賃相場を調査する。

 将来の家賃変動も考慮し、20年先や30年先の予測を行う。

 

エリア判断:

 建築対象地が単身者向けかファミリー向けかの判断が重要。

 立地条件、入居者の見つかりやすさ、床面積当りの家賃単価、原状回復費用などを考慮。

 

立地に基づくメリット・デメリットの理解:

 単身者向けとファミリー向けの両方のエリアでのメリットとデメリットを理解し、立地の適切な判断が必要。

 

サブリースの提案の注意:

 建築会社からのサブリース提案は条件変更があり、利回りが悪くなることがあるため検討が必要。

 

収支の予測

 

経費の考慮:

 固定資産税、管理費、修繕費、火災保険料などの経費を詳細に予測。

 毎年のローン返済と利払いも考慮に入れる。

ローン返済期間の影響:

 ローンの返済期間が長くなると、毎年の収支は改善するが、総利子負担が大きくなることを理解。

 

区分マンションのメリット・デメリット

 

利回りの一般的な傾向:

 区分マンションはアパートに比べて利回りが低いとされる。

 土地の持分が少ないため、将来の売却時に高く売れにくい可能性がある。

 

管理費と修繕積立金の影響:

 空室時でも管理組合からの負担があるため、注意が必要。

 投資額が低いというメリットもあるが、利回りの低さを考慮する。

 

 まとめ

  •  長期的な視点での不動産経営を考慮し、所得税や相続税も含めた税務面の計画が必要。
  •  法人化によるメリットや将来の売却計画も考慮。
  •  複数の選択肢を比較検討し、不動産のタイプやエリア、建築業者、金融機関といった要素を総合的に考えることが重要。