· 

親が遺言書を作成せずに死亡した場合

 親が遺言書を作成せずに死亡した場合の遺産分割協議に焦点を当て、相続人間での紛争が生じる可能性やそれに伴う問題についてです。

  • 遺産分割協議の必要性

 親が遺言書を作成していない場合、相続人全員で遺産分割協議が必要。

 協議がスムーズであれば問題ないが、相続紛争が生じると財産は一時的に共有状態になり、解決まで処分できない。

 

 相続紛争の主な理由

  • コミュニケーション不足:

 相続人間での円滑なコミュニケーションが難しい場合。

  • 配偶者の関与:

 相続人の中で合意があっても、配偶者が介入することがあり。

  • 判断能力のない相続人:

 一部の相続人が判断能力を持たず、成年後見人が必要な場合。

  • 再婚による複雑な構造:

 再婚前の子どもとの連絡が取れていない場合。

 

空き家になる可能性とその理由

 

片親が実家に住み続ける場合:

 片親が健康で実家に住むなら問題ないが、認知症などで施設入所した場合、空き家になる。

両親が実家に住まなくなる場合:

 売る、貸す、そのままにする選択肢があり、家族の合意が得られず空き家になることがある。

空き家特別控除の要件不足:

 特別控除を使うには3年以内に売却が必要であり、相続人の合意が取れない場合、要件を満たせない。

 

空き家状態の課題

不動産の痛み進行:

 空き家になると建物の痛みが進みやすくなる。

相続人の価値観の違い:

 売却したい相続人と実家を残しておきたい相続人の価値観の違いにより、実家が凍結し空き家になることがある。