· 

税務調査が来ない可能性がある申告

 遺産規模が大きくても税務調査が来ない可能性がある申告のポイントは次のとおりです:

  • 納税ゼロの申告:

 特例や控除を利用して、結果的に相続税をゼロにする申告がある。

 これにより、税務署が追加で税金を徴収できない場合、税務調査の対象にくる可能性が低い。

  • 小規模宅地特例や控除の活用:

 小規模宅地特例や各種控除(例: 配偶者税額軽減、生命保険の非課税、相次相続控除、障害者控除、未成年者控除など)を活用して、遺産規模を大きくしても納税を回避する申告がある。

  • 税務署のコストとリスクの視点:

 税務署は時間や労力をかけて調査を行う際、目先の追加税金が見込めない場合、あるいは納税がゼロである場合に調査の対象にくることが少ない。

 

1次相続での決定が2次相続に影響:

 遺産規模や納税リスクを最小限に抑えるために1次相続での計画が立てられるが、この決定が2次相続において逆効果となる可能性がある。

 要するに、税金をゼロにするために特例や控除を活用することが、税務署の調査を回避する一因となる可能性があります。

 しかし、このようなアプローチが将来の2次相続に悪影響を及ぼす可能性があるため、計画的かつ全体を見据えたアプローチが重要です。

 専門家のアドバイスを受けながら、リスクを最小限に抑えつつ税務申告を行うことが重要です。