· 

親の介護費用を子供が立て替えた場合

 実家信託を利用する際に、親の介護費用を子供が立て替えた場合の課題についてです。

 

扶養義務:

 民法により、直系血族や兄弟姉妹には互いに扶養をする義務があると規定されています。

 子供が介護費用を立て替える場合、それが貸付ではなく扶養義務の範囲内であると法的に認識される可能性があります。

 

相続の調整難易度:

 親が亡くなり相続が発生した場合、介護費用を立て替えた子供がその分を相続分から調整してもらうことは難しい場合があります。

 相続人が調整してくれても、法的に認められない可能性があることに留意が必要です。

 

契約成立の難しさ:

 親が判断能力を失ってしまった場合、金銭消費貸借契約書を結ぶことが難しくなります。

 立て替えたことを証明するための法的手続きが困難である可能性があります。

 

実家の空き家問題:

 介護費用の立て替えには心配がなくても、実家が空き家になり、管理や火災のリスクが発生する可能性があります。

 

相続税申告時の債務としての扱い:

 立て替えた費用を相続税申告時に債務として認めてもらうことが難しい場合があります。

 

 これらの課題を解決し、不動産を効果的に管理し、介護費用に関する問題を事前に防ぐために、実家信託が有益であるとされています。

 信託を通じて早めに対策を講じることで、将来の問題を回避することができます。

 親子間のアプローチやコミュニケーションも重要であり、信託の活用について家族での十分な話し合いが求められます。