· 

一般的な相続の問題点

 「実家か、預貯金か」といった一般的な相続の問題点での、遺産分割に関するさまざまなケースや注意点についてです。

  • 実家と預貯金の相続問題:

 実家や土地・建物、そして預貯金といった資産を相続する場合、その分割にはさまざまな問題が発生する可能性があります。

 特に実家を相続する場合、兄弟姉妹間での感情や期待値の差異が問題となることがあります。

  • 公正証書遺言の必要性:

 遺言書がない場合、相続人による話し合いや遺産分割が複雑になることがあります。

 特に自営業者や会社経営者は、事業の承継について公正証書遺言だけでなく、元気なうちから対策を検討する必要があります。

  • 同居や介護の影響:

 兄弟姉妹のうち一人が同居や介護をしている場合、遺産分割が公平でないと感じられることがあります。

 子供たち間の仲や相続人の数が多い場合も、相続手続きが進まない可能性があると指摘されています。

  • 遺言書による遺産の特定指定:

 遺言書が具体的な指定を含む場合、それに基づいて相続が進行するため、遺言書の作成が重要であります。

 特に相続人以外の人への遺贈や寄附を行いたい場合、遺言書が不可欠であります。

  • 相続人がまったくいない場合の処理:

 相続人がまったくいない場合、遺産は国庫に帰属することがあります。

 遺言書を作成しておくことで、相続人がいない場合でも自分の意向通りの遺贈や寄附が実現できます。

 

遺言執行者の重要性:

遺言執行者の選任が重要であり、信頼性や法律知識が求められることが述べられています。

遺言執行者が遺言の内容通りに執行することで、遺言の実現が確実になるとされています。

総じて、相続においては事前の対策や遺言書の作成が不可欠であり、家族や資産状況によって適切な手続きを検討する必要があるというメッセージが伝えられています。