· 

使用貸借から通常の賃貸借契約に変更

 相続税節税のために使用貸借から通常の賃貸借契約に変更することは一つの有効な手段です。

  • 手続きの概要:

契約変更:

 現行の使用貸借契約を通常の賃貸借契約に変更します。

 これには契約書の修正や再発行が含まれます。

賃料の設定:

 賃貸借契約においては通常、相場価格を反映した適正な賃料を設定する必要があります。

 これにより、法的な賃貸借契約としての認識を得ることができます。

  • 相続税評価の変更:

評価額の低減:

 通常の賃貸借契約に変更することで、土地の相続税評価額が低減されます。

 例えば、借地権の存在により土地の所有権価格を引いた金額が相続税の基礎評価額となります。

計算例:

 使用貸借の場合は自用地価格がそのまま相続税評価額になりますが、通常の賃貸借の場合は自用地価格から借地権を引いた金額が相続税評価額となります。

  • 留意点:

適正な賃料:

 賃貸借契約においては、相場よりも極端に安い賃料は避けるべきです。

 適正な賃料の設定が重要で、それにより一般的な意味での通常の賃貸借と認識されます。

税務局への届け出:

 契約変更後、税務局への届け出が必要な場合があります。これに関しては税理士に相談してください。

 

専門家の協力:

 税理士の相談:相続税や賃貸借契約に関する変更は専門的な知識が必要です。

 相続税に詳しい税理士に相談し、適切な手続きを進めることが重要です。

 相続税の節税策は複雑であり、具体的な事例によって異なるため、個々の状況に基づいて適切なアドバイスを受けることが重要です。