· 

特例の適用にも関わらず相続税申告が必要

 相続税に関する重要な情報です。

 

特例の適用にも関わらず相続税申告が必要:

 配偶者の税額軽減や小規模宅地等の特例を適用しても、相続税が発生しなくなった場合でも、相続税の申告は必要です。

 これは特例の適用が合法的な手段であることを証明するためです。

 

無申告は避けるべき:

 相続税がかからないと分かったからといって、無申告できるわけではありません。

 税務署は無申告の場合、特例が適用されたのか、単に無申告であるだけなのかを判断できません。

 

時効まで無申告は不可能:

 相続税の時効は通常5年であり、意図的に申告しない場合などは7年まで延長されることもあります。

 税務署は強力な調査権限を持っており、無申告で時効まで逃れることは難しいです。

 

ペナルティーと刑事罰の危険性:

 無申告が発覚した場合、高額なペナルティーが課され、悪質な場合は刑事罰も考えられます。

 

相続税を減らす方法:

 高額な相続税を避けるためには、早めに税理士に相談することが重要です。

 税理士に相談することで、相続税の削減が可能であり、結果的に税理士報酬分以上の利益が得られることもある。

 

時効を迎える前に申告:

 既に無申告で期限を過ぎている場合でも、自主的に申告すればペナルティーが軽減されます。

 税理士に相談すれば迅速に対応できるため、早急な対応がお得です。