· 

相続税の修正申告に伴うペナルティー

相続税の修正申告に伴うペナルティーについてです。

  • 延滞税

計算式と税率:

 延滞税=追加で納める税額×延滞税の税率×日数÷365延滞税=追加で納める税額×延滞税の税率×日数÷365

税率:

 年率2.6%※(※期間により異なる)

 例:申告期限内に相続税を100万円納税し、後日30万円を追加で納税した場合、延滞税は約3,200円。

 

延滞税の計算期間の特例:

1年以上経過してから修正申告をする場合、一部期間が除外される。

  • 過少申告加算税

 計算式と税率:

 過少申告加算税=追加で納める税額×過少申告加算税の税率過少申告加算税=追加で納める税額×過少申告加算税の税率

税率:

 課税時期により異なる

 例:修正申告時期による過少申告加算税が、事前通知前であれば免除、通知後から課税される。

 

注意点

自主的に修正申告:

 誤りに気づいて自主的に修正申告した場合は、過少申告加算税が免除される。

専門家へ相談:

 修正申告や更正の請求を行う前に、相続税に詳しい税理士に相談することが重要。

 

まとめ

手続きの適用期限:

 相続税の修正申告には期限はないが、早めに手続きを行うことが望ましい。

ペナルティーを最小限に:

 初回の申告書を税理士にチェックしてもらい、修正申告や更正請求が必要な場合でも最小限のペナルティーで処理できるようにする。

 修正申告や更正の請求が必要な場合は、専門の税理士に相談することで、最適な手続きができ、ペナルティーを最小限に抑えることができます。