· 

相続税に関連する調査手段

 相続税に関連する調査手段にはいくつかの方法があり、それぞれ異なる特徴があります。

 以下は、3つの主な調査手段と、相続税における税務調査にまつわる誤解に関する情報です。

 

1. 行政指導: 

概要:

 行政指導は、税務署が納税者に対して、自主的な申告や申告内容の修正を促す行為です。

 これは納税者が自主的に行動するよう促すものであり、法律上の調査には該当しません。

特徴:

 行政指導による申告は自主申告扱いであり、調査による修正申告よりも加算税の税率が軽減されます。

 

2. 実地調査以外の調査:

概要:

 実地調査以外の調査は、税務署が電話や来署依頼によって申告指導を行う行為です。

 実地調査以外の調査は法律上の調査に該当し、指導方法以外は実地調査と同じ扱いです。

特徴:

 調査事項が限定されており、拘束時間が比較的短い点が実地調査との違いです。

 

3. 実地調査:

概要:

 実地調査は税務署職員が自宅や職場を訪れ、申告書作成に関係する資料や話を聴取し、申告内容の確認を行う調査手段です。

特徴:

 通常は2人1組で調査が行われ、一日中調査が行われます。

 実地調査は、調査事項が解明すればその日で終了しますが、解明されない場合は複数回の訪問があることもあります。

 

相続税に関する3つの調査手段にまつわる誤解:

 

1. 富裕層のみが調査対象と思われる:

事実:

 富裕層が提出した相続税の申告書が調査対象になりやすいが、一般層も調査対象となることがある。税務署は全ての申告に対して調査することはないが、不適切な申告があれば一般層にも調査が行われる。

 

2. 相続税の無申告が調査の重点課題:

事実:

 相続税は基礎控除額の引き下げにより、課税対象が増加しており、無申告者にも調査が行われる。国税庁は無申告者に対しても調査を重点課題として掲げている。

 

3. 税務署の調査は強引で言い逃れはできない:

事実:

 現行の法整備により、税務署は法律に基づいた調査手順を遵守しており、強引な調査は行われていない。

 ただし、法に則った厳格な調査が行われ、不正があれば追及される。

 これらの事実を踏まえ、特に相続税の申告や調査においては、正確かつ適切な申告が重要です。