· 

太陽光発電設備の敷地が小規模宅地等

 太陽光発電設備の敷地が「小規模宅地等の特例」の対象となり、相続税の評価額が最大8割減額になる制度についてです。

 

小規模宅地等の特例適用条件:

 太陽光発電設備の敷地が「特定事業用宅地等」の要件に該当する必要があります。

 これには3つの要件があり、すべてを満たす必要があります。

 

事業用の判断基準:

 事業用の太陽光発電設備は、事業規模、事業の反復継続性、事業設備や事業環境などを総合的に判断しています。

 出力50kW以上の場合は特に事業用と見なされやすく、届出が必要とされています。

 

構築物に該当する太陽光発電設備:

 特定事業用宅地等の要件を満たすためには、太陽光発電設備の敷地に建物や構築物が存在する必要があります。

 太陽光発電設備そのものは機械装置に該当するが、構築物と見なされる場合もあります。

 

相続税の申告と注意点:

太陽光発電設備を相続する場合は、経済産業省への届出書の提出が必要です。相続税の申告期限は亡くなった日の翌日から10ヵ月以内であり、期限内に申告しないと罰金が発生します。

 

税務署の調査と節税方法:

 税務署は太陽光発電設備に関連する相続税の調査を積極的に行います。

 ただし、税務署では節税方法について教えてくれないため、相続税の節税を考える場合は、相続税専門の税理士に相談することが勧められます。

 相続税において太陽光発電設備の評価額が減額される特例を利用するためには、具体的な要件を満たす必要があります。

 その上で、相続税の申告や節税の際には、専門家のアドバイスを受けることが重要です。