· 

相続税に関する税務調査の実態

続税に関する税務調査の実態や注意点についてです。

 

相続税の税務調査の実態:

 

調査の頻度:

 平成28年には相続税申告書の提出をした人数に対して10.7%にあたる12,463件の実地調査が行われた。

 これは他の税目に比べて高い割合であり、相続税の税務調査が比較的頻繁に行われていることを示唆している。

 

追徴課税の確率:

 調査の結果、相続税の税務調査対象者のうち85.7%が「申告漏れ等の非違があった」とされ、追徴課税された。

 これは高い確率での追徴課税が行われていることを示しており、相続税申告においては慎重な注意が必要であることを示唆しています。

 

相続税に強い税理士の重要性:

 

相続税申告前の対策:

 相続税の税務調査を回避するためには、相続税の申告手続きの段階から相続税に強い税理士に依頼することが重要です。

 税理士のアドバイスを受けながら正確かつ適切な相続税申告を行うことで、調査を避けることが可能です。

 

税務署からの調査があった場合:

 自分で相続税申告をした際に税務署から調査の連絡があった場合や、依頼した税理士が不十分な場合は、相続税に強い税理士に相談し、適切な対応をとることが重要です。

 適切な修正申告を行うことで、ペナルティを最小限に抑えることができます。

 相続税に関する手続きや申告には複雑な要素が絡むため、税理士の専門知識とアドバイスを受けることが非常に有益です。