· 

相続税の税務調査の概要について

 相続税の税務調査の概要について

 相続税の税務調査は、きちんと相続税申告をしていても行われることがあります。

 

強制調査と任意調査:

任意調査:

 税務署からの事前連絡があり、当日は質問に答える形式の調査です。

 ただし、不当な拒絶はできません。

強制調査:

 国税犯則取締法に基づいて、悪質な脱税犯の家にガサ入れをするハードな調査です。

 通常、強制調査は相続税の場合は少ないです。

 

調査の事前連絡:

 調査の対象者には事前に税務署から連絡があります。

 相続税申告を税理士に依頼していた場合は、担当税理士に、自分でした場合は相続人に連絡があります。

 

調査の時期:

 相続税の税務調査の時期は、相続税申告をした1~2年後の秋頃が多いです。

 税務署の人事異動が7月に行われ、8~11月が調査先選定のピーク時期となります。

 

調査の時効:

 相続税の時効は一般的には5年から7年です。

 相続税の法定申告期限から5年が時効であり、故意の脱税行為や無申告の場合は7年が時効です。

 

対象者の選定:

 対象者はランダムに選定されるのではなく、以下の2つのケースが重要です。

  • 相続税申告書の計算や評価方法に誤りがある場合。
  • 相続税の申告書に計上されていない、漏れている財産がある場合。

まとめ:

 相続税の税務調査は、事前に連絡があり、通常は任意調査が行われます。

 時効や対象者の選定の要点を理解し、正確かつ適切な相続税申告を心がけることが重要です。 

 税理士のアドバイスやサポートを受けることで、スムーズに対応できるでしょう。