· 

税務調査の質問の意図とペナルティ

 税務調査の質問の意図とペナルティについて

 税務調査での質問は、相続人の仮装や隠蔽の意思を確認するために行われます。

 これにより、相続人が故意に情報を隠していた場合、追徴課税の税率が大きく変わります。

  • 仮装・隠蔽の意図がなかった場合:

 過少申告加算税:10%

 本来の相続税額よりも過少に申告されていた場合のペナルティ。

  • 仮装・隠蔽の意図があった場合:

 重加算税:40%

 隠蔽行為により相続税を逃れる意図があった場合の最も厳しいペナルティ。

  • ペナルティの種類:

 延滞税+加算税(過少申告加算税・無申告加算税・重加算税のいずれか)

 延滞税は相続税の納付期限までに相続税を納めなかった場合に課される税金。

  • 加算税の種類と税率:

 過少申告加算税(10%)

 本来の相続税額よりも過少に申告された場合のペナルティ。

 無申告加算税(15%)

 相続税の申告期限内に相続税申告書を提出していなかった場合のペナルティ。

 重加算税(35% or 40%)

 隠蔽行為により不当に相続税を逃れる行為があった場合の最も重い罰則規定。

  • 異議申し立てと不服審判所への不服申し立て:

 税務署の指摘に納得できない場合、税務署長に異議申し立てが可能。

 異議申し立てに不服がある場合、国税不服審判所への不服申し立てができる。

  • 訴訟:

 不服が続く場合、裁判所に訴訟を起こすことも可能。

 ただし、審査請求や不服審判所での主張が認められる割合は低い。

 

注意点:

 税務署の指摘に対しては、専門性が高いため、相続税に強い税理士や弁護士のサポートを受けることが重要。

 異議申し立てや不服審判所への請求は、期限内に行う必要があります。

 相続税の税務調査においては、正確かつ適切な相続税申告が重要であり、専門家の助言を受けながらスムーズな対応を心がけることが必要です。