· 

税務署への贈与の密告手続きについて

 税務署への贈与の密告手続きについて

 税務署への贈与の密告手続きは、以下のステップに従います。

  • 密告手段の選択:

 メール、手紙、電話、面接の中から手段を選択します。

 メールでの情報提供は、国税庁ホームページの「課税・徴収漏れに関する情報の提供」から行えます。

  • 匿名での情報提供:

 必要に応じて匿名で情報提供が可能です。手紙での提供は匿名でも有効です。

 匿名での提供でも、提供された情報が信頼性を持つように具体的な事実や証拠を添付すると良いでしょう。

  • 税務署の窓口への直接提供:

 直接税務署の窓口で情報提供も可能です。

 窓口は総務課で、予約は不要ですが、事前に疑問や確認事項があればお問い合わせが推奨されます。

  • 提供する情報の詳細:

 提供する情報には、できるだけ具体的で詳細な内容を含めると良いです。

 贈与があった日時、場所、金額、関係者など、調査に必要な情報を提供します。

  • 情報提供先の確認:

 提供する税務署は、密告対象者の住所を管轄する税務署です。

 管轄外の税務署に提供すると、手続きが遅れる可能性があるため、注意が必要です。

  • 情報提供者の匿名性の確認:

 提供された情報は税務署によって厳重に保護され、情報提供者の匿名性は守られます。

  • 情報提供後の結果の知識:

 提供された情報に基づく税務調査の有無や結果については、情報提供者には通知されません。

 提供者は結果を知ることはありませんが、情報提供の際に重要な公共の利益に貢献していると考えることができます。

  • 確認事項と注意点:

 提供された情報は守秘され、情報提供者の匿名性は守られる。

 情報提供者が提供した情報が調査に値すると見なされれば、税務署は調査に入る。

 提供者は結果を知ることはないが、公共の利益に貢献する手段と考えられる。

  • 相続時の贈与に注意:贈与は相続のタイミングで高い確率で発覚するため、密告に気を付けるだけでなく、適正な贈与税の申告が重要です。

 特例を利用しつつ、節税対策を行いながら正確な申告を心掛けましょう。