· 

贈与税の税務調査で指摘を受ける割合が高い理由

 贈与税の税務調査で指摘を受ける割合が高い理由はいくつかあります:

  • 無申告の調査が多い:

 贈与税の調査で最も多いのが無申告の調査です。

 贈与財産が110万円を超える場合は贈与税の申告が必要ですが、この基礎控除額を超える贈与でも申告がなされないことが多く、税務署が無申告調査を行います。

  • 預金の贈与が多い:

 贈与税の調査で頻繁に指摘される項目は、現金や預貯金の贈与です。

 多くの人がこのような贈与を行っており、税務署は預金関連の情報を重点的に調査しています。

  • 調査期間が長い:

 贈与税の調査期間は他の税目より1年長いため、税務署が贈与の情報を把握するまでの期間が長くなります。

 これにより、申告期限を過ぎてからでも贈与税の調査が行われることがあります。

  •  相続税の調査と併行して行われることがある:

 相続税の調査で相続財産を確認している際に、贈与の申告漏れを把握することがあります。

 また、相続人が相続開始日から3年以内に受けた贈与に関しても相続税の計算に含まれるため、同時に調査が行われることがあります。

 

  • 情報の確認手段が多岐にわたる:

 税務署は法定調書や不動産の登記簿、事業者からの提出書類など、様々な手段を使って情報を収集します。

 これにより、贈与者や受贈者が申告漏れをしていた場合に、容易に発見される可能性が高まります。

 贈与税の節税対策を行う際には、相続税までをセットとして検討することが重要です。

 また、贈与が成立しない場合、その財産は贈与者の財産と見なされ、相続税の対象となります。

 税務に詳しい専門家や税理士に相談しながら計画的な節税対策を検討することが推奨されます。