· 

相続登記を怠ると生じる問題や複雑さ

続登記を怠ると生じる問題や複雑さについてです。

  • 相続登記の怠りによる複雑な相続手続き:

 相続登記を行わないままでは、不動産の所有権が適切に更新されないため、次の相続が発生すると複雑な相続手続きが生じます。

 例えば、祖父から母へ、そして自分へと相続が続く場合、相続人が増え、相続人同士の協議が難しくなります。

  • 不動産の売却や抵当権設定の制約:

 不動産の名義が更新されていないと、不動産を売却したり、抵当権を設定したりすることが難しくなります。

 相続登記を怠ると、不動産を有効に活用する際に支障が生じます。

  • 不動産が差し押さえられる可能性:

 不動産の名義が更新されていない場合、第三者に対抗する権利が制限され、債権者によって不動産が差し押さえられる可能性があります。

 相続人同士の共有状態で不動産が放置されると、法的な混乱が生じるおそれがあります。

  • 法改正による相続登記の義務化:

 令和6年4月1日以降、相続があった場合は3年以内に相続登記をすることが法律で義務づけられています。

 相続登記を怠ると、最高10万円以下の過料が科される可能性があります。

  • 正当な理由がない場合の法改正による過料処分:

 法改正により相続登記が義務化され、正当な理由がないまま登記を怠ると、過料が科せられる可能性があります。

 正当な理由がある場合は、一定の事情があることを考慮されるとされています。

 まとめとして、相続した不動産の名義変更手続きや相続登記は、将来的なトラブルを避けるためにも迅速に行うべきであり、必要に応じて専門家の助言を仰ぐことが重要です。

 法改正によっては、相続登記を怠ることが過料の対象になるため、注意が必要です。