· 

相続税を減らすための10の生前対策

相続税を減らすための10の生前対策

 生前対策を検討している方は、実際にご自身でできる方法がないか確認してみてください。

  • 毎年110万円以内で贈与する:

 1年間の贈与額が110万円以内であれば、贈与税はかかりません。

 毎年110万円以内の贈与で相続税の課税対象を減らしましょう。

  • 住宅資金の贈与の特例制度を使う:

 住宅取得等資金の贈与の非課税制度を使って、子や孫に住宅資金を贈与することで贈与税を軽減できます。

  • 教育資金の贈与の特例制度を使う:

 教育資金の贈与の非課税制度を利用して、直系の子や孫に教育資金を贈与することで、贈与税を回避できます。

  • 結婚・子育て資金の贈与の特例制度を使う:

 結婚や子育てに関する資金を贈与する際、特例制度を利用して非課税で贈与することが可能です。

  • 不動産の贈与で配偶者控除を活用する:

 配偶者に居住用の不動産を贈与する場合、配偶者控除を使って非課税で贈与できます。

  • 孫に財産を渡して相続税の課税回数を減らす:

 親から孫への生前贈与を通じて、相続税の課税回数を減らしましょう。

  • 不動産を購入して相続税評価額を下げる:

 不動産を購入しておくことで、相続税の計算で使用される評価額を下げることができます。

  • 生命保険に加入して非課税額を増やす:

 生命保険に加入して死亡保険金を受け取ることで、相続税の非課税額を増やせます。

  • 墓地や墓石を購入して非課税にする:

 墓地や墓石、仏壇などは相続税の非課税対象となるため、生前に購入しておくことが有利です。

  • 養子縁組をして非課税額を増やす:

 養子縁組を通じて法定相続人の数を増やし、相続税の非課税額を増やすことができます。

 これらの対策は、専門的なアドバイスを受けながら、自身の状況に合わせて検討することが重要です。

 生前贈与や特例制度の利用には法的な条件や手続きがありますので、専門家のアドバイスを受けることがおすすめです。