相続問題のアドバイスやケーススタディ

 相続問題に関するアドバイスやケーススタディを述べます。

 

人口動態の変化と相続問題

 合計特殊出生率が低下し、生涯未婚率が上昇していることから、今後「おひとりさま」が増加することが予測されている。

 これに伴い、相続問題も複雑化しており、適切な対策が求められている。

 

相続問題の事例と対策

 

例1: おひとりさまで相続人が存在しない場合

 遺言作成が重要で、自筆証書遺言や公正証書遺言の作成が有効。

 遺言がない場合、相続人不存在となり、手続きが複雑になる可能性がある。

 

例2: 兄弟姉妹が相続人である場合

 兄弟姉妹同士の関係が疎遠な場合、財産や債務の整理が難しくなる可能性がある。

 遺言作成が望ましい。

 

例3: 相続人不存在の場合

 財産管理人選任、債権者への債務の公告、相続人捜索、特別縁故者への遺産分与、国庫への帰属の手続きが必要。

 特別縁故者には13ヵ月以上かかる可能性があり、手続きが複雑。

 

他の関連する問題点と対策

認知症問題:

 任意後見制度を活用し、後見人を希望通りに選定できるようにする。

孤独死問題:

 財産管理委任契約を結び、身寄りがない場合の事前対策を講じる。

お墓問題:

 遺言において、葬儀やお墓についても明確に記載する。

 

最終的なアドバイス

 相続手続きが複雑であるため、少なくとも自筆証書遺言の作成を推奨。

 特別縁故者として相続財産を受け取る場合、相続税の申告義務があることに留意し、適切な手続きを行う必要がある。

 

 法的な事項に関しては、具体的なケースにより異なる可能性があるため、個別のアドバイスや専門家の助言が重要です。