· 

相続に関する事例と節税策について

「具体的な事」

相続時の課題や選択肢、節税の方法などが述べられています。

 

以下は、文章の内容に関する要点をまとめたものです。

 

事例1: Iさんの母親の相続対策

 

  • 母親が高齢で要支援となり、相続対策を考えている。
  • 弟は海外在住で介護の手助けが難しい。
  • 同居による節税効果や遺留分の問題が懸念されている。
  • 高齢者住宅への住み替えを検討することも選択肢。

事例2: Мさんの父親の相続と節税策

 

  • 父親が急性肺炎で亡くなり、不動産と資産を相続する必要がある。
  • 住宅資金贈与や相続時精算課税制度を活用して節税効果を追求。
  • 子どもたちの家の購入による評価減で相続税を軽減。
  • 一戸建てを売却してコンパクトなマンションに住み替え、賃貸不動産を購入する提案。

「節税法に関する説明」

 

  • 住宅資金贈与制度: 自分が住む家の購入に対する祖父母や両親からの贈与に特例がある。
  • 省エネ住宅なら最大1000万円、他の住宅なら最大500万円が非課税。
  • 相続時精算課税制度: 60歳以上の父母・祖父母から20歳以上の子・孫への生前贈与に特例がある。最大2500万円までの贈与財産については贈与税が非課税だが、相続時に贈与財産を加算して相続税を課税。

令和5年度税制改正: 相続時精算課税期間が7年に延長され、相続時精算課税贈与に年間110万円の基礎控除が導入される。

 

親名義の家に住む場合の節税効果

 

親名義の家に住んでも生前贈与には該当せず、贈与税もかからない。

 

購入した不動産は評価減で相続税軽減が可能。

 

使用貸借による節税効果はあるが、貸家評価はできない。

 

この文章には、相続に関する情報と節税策についての具体的な事例や説明が含まれています。

 

内容を十分理解した上で、適切な専門家や税理士と相談することが重要です。