· 

実家は知らない間

母親の相続において、妹との対立が生じていることが分かり、この状況に対するアドバイスと注意点をまとめてみましょう。

 

 アドバイス:

 ・財産の明細を確認:  預金や不動産などの財産に関する明細を正確に把握することが重要です。

 特に預金の履歴を取得し、過去の取引内容を確認しておくことで、正確な遺産分割協議が行えます。

 

 ・遺産分割協議の提案:  遺産分割に関する協議を進める際に、公平な立場で取り組むことが大切です。

 預金明細を元に、遺産分割の提案を行うとともに、遺産分割協議書の作成を検討しましょう。

 

 専門家の助言: 

 対立が続いている場合、専門家である弁護士に相談し、遺産分割調停の手続きを進めることを検討してください。

 

 弁護士は中立的な立場で調停を行い、合意に導く助けとなるでしょう。

 

注意点:

 

1、財産の正確な把握:  遺産分割においては、財産の正確な把握が不可欠です。預金や不動産などの明細を取得し、漏れのないように確認しておくことが重要です。

 

2、公平な遺産分割:  遺産分割協議を行う際には、公平な立場で話し合うことが大切です。家族の対立を避けるためにも、感情的な面を一旦置いて、合理的な判断を心がけましょう。

 

3、 弁護士の役割:  弁護士は法的な専門家であり、遺産分割の手続きや調停を支援する役割を果たします。専門家の助言を受けることで、対立の解決に向けたスムーズなプロセスを進めることが可能です。

 

4、調停の進行:  弁護士に依頼した場合、調停の手続きが進行する可能性があります。調停には時間や費用がかかることもあるため、ある程度の覚悟を持って進めていくことが重要です。

 

 このような状況では、感情的な面と法的な側面をバランスよく考えながら、遺産分割を進めていくことが必要です。   

 

 専門家のアドバイスを受けつつ、公平な合意を形成することで、対立を解決し、円満な遺産分割を実現できる可能性が高まります。