· 

アパートが老朽し共有名義。

 この文章では、Aさんが母親の相続対策についての相談内容とその提案が述べます。

 以下に、文章の内容を要約します。

 Aさんは母親と同居しており、母親が80代の後半に差し掛かっており、相続対策について迷っていました。

 母親は自宅とアパート、貸倉庫を所有しており、不動産は子どもたちと共有されています。

 現在、母親の評価財産は不動産と預金を合わせて約9000万円で、相続税は約600万円とされました。

 不動産の共有により、遺産分割に関する配慮が必要であり、特にアパートは築40年近くであり、建て替えが検討されています。

 Aさんの課題として、兄が独身で将来のサポートが不安、姉と住まいが離れているため母親の介護が難しいという感情面の不安が挙げられています。

 

 提案として、以下の対策が挙げられました:

  1. アパートの建て替えについての比較検討(建て替え、ガレージハウス、売却など)を行う。
  2. アパートの相続を複雑にしないために、Aさんが姉の持ち分を買い取り、共有を解消する方法を検討する。
  3. 遺産分割をスムーズに行うために、母親が遺言書を作成することを推奨。遺言書によって不動産や預金を適切にし、同居するAさんが母親とアパートを相続する形を取る。

 

 Aさんは母親との同居や不動産の管理において主導的な役割を果たしており、遺産分割の段取りや提案にも尽力しています。

 母親の相続対策は堅実に進められ、アパートの建て替えによって収益も増え、相続税の軽減も見込まれています。